トリニティーラインジェルクリームは、年齢肌のための保湿ケアができるスキンケア商品ですが、使用しているのに効果なし、という声もあるようです。
2016年モンドセレクションで、8年連続の最高金賞に加えて、世界各国から申請された化粧品部門268製品の中から初年度に審査員賞を受賞している商品なので、その実力は確かなものなのでは? と思ってしまいますが、実際に、効果なし、と感じられた方々がいらっしゃるので、効果を得られないこともあるようなのです。
確かに、万人に効果がある商品はほぼないでしょう。
効果を実感できる方もおられれば、合わない方、何もトラブルは起きないけれども望んだ効果も得られない方もおられるでしょう。
では、どのような場合に効果が得にくいのでしょうか?
少しでも、実感に繋がるよう、どのような人が効果が得られないと感じてしまうのか、について調べてまとめました。

-効果なしと感じる場合
トリニティーラインジェルクリームで効果なしと感じてしまう方に多いのは、
①使用方法が間違っている
・美容成分の浸透を妨げないために清潔な肌に使用する
・丁寧にやさしくお顔全体へつける
・少なすぎず多すぎず、適量を使用する
を守りましょう。
使用方法に誤りがあると、せっかくの有効成分が効果を発揮できないことがあります。

②お肌に合っていない
アレルギー体質ではないので、どの化粧品を使っても平気、と思っている方でも、もしかすると、特定の成分が合わない場合があります。
使用したことで、吹き出物が増えた、乾燥が激しくなった、お肌に違和感が生じるようになった、という場合は、お肌に合っていない可能性が高いです。
使用を中止して、様子をみてみましょう。
症状がおさまらない場合は、皮膚科で相談してください。

また、トリニティーラインジェルクリームの使用をやめたら肌状態が良くなった、という場合は、アレルギーがあると思われますので、今後のためにも、アレルギーチェックを行われるといいかもしれません。

③使用期間が短い
乾燥や小じわ対策にぴったりのアイテムではありますが、使用してすぐに効果が出てくるものではありません。
ですので、お肌の状態が整えられて、ターンオーバーの乱れも正常化されるまで待つ方がいいでしょう。
人によって期間は様々ですが、目安としましては、3ヵ月から半年程度です。
その間、使用を中断したり、再開したり、ではなく、継続使用しましょう。

使用期間が短いと、効果なし、と感じてしまうことがほとんどかと思います。
少し、時間がかかってしまいますが、気長に美肌を目指して、頑張りましょう。

④その他
使用方法にも間違いがなく、お肌にも合っており、半年以上使用を続けているのに効果なし、と感じる場合は、もしかして、日常生活などで知らず知らずのうちにお肌にダメージを与えている可能性も考えられます。
どのようなことかといいますと、
・紫外線…紫外線を浴びると、シミやシワ、イボなどの原因になります。それ以外にも、乾燥の原因にもなります。
紫外線が要因となり、ターンオーバーを乱してしまうからです。
せっかく、トリニティーラインジェルクリームでケアをしていても、ターンオーバーを乱してしまっては元も子もありません。
紫外線対策はきちんと行いましょう。

・刺激…お肌を擦るなどの行為は避けましょう。
洗顔、拭き取る際、スキンケア、お顔のマッサージなどのときには特に気を付けてくださいね。

-まとめ
トリニティーラインジェルクリームで効果が得られないという場合は、一度、上記の項目を見直してみましょう。

⇒トリニティーラインの公式サイトはこちら