トリニティーラインジェルクリームは誰でも使えるアイテムなのでしょうか?
・副作用の心配はないのかどうか
・アレルギーなど使えない人はいないのか
についてまとめました。

-副作用について
スキンケアアイテムは、お肌に直接つけるものです。
ですので、もし、危険な成分が配合されていたら、とんでもないトラブルが起きる可能性もありますよね。
そこで、気になるのが副作用の有無です。

トリニティーラインジェルクリームで副作用の心配はないのかどうか、ですが、基本的には心配ない、と言えます。

なぜ、トリニティーラインジェルクリームは基本的に副作用の心配がないのかというと、
▼やさしい成分を厳選
大正製薬グループであるドクタープログラムが開発した商品なのですが、品質とやさしさにこだわって、成分を厳選しています。
ですので、刺激の強い成分や、危険な成分は配合されていません。

▼無添加
香料や着色料は無添加です。
本来、スキンケアアイテムに不必要なものですので、無添加であるのはとても安心できます。
美容成分を高濃度配合しているため、成分特融の匂いがする場合があるそうですが、これはむしろ、香料がまったく添加されていない証拠とも言えます。

▼ノンアルコール
トリニティーラインジェルクリームは、エタノール不使用の商品です。
アルコールに反応してしまう肌質の方でも、使いやすい、ノンアルコール仕様です。

▼テスト済み
アレルギーテスト済み、パッチテスト済みです。
しかも、乾燥性敏感肌の方の協力によるパッチテスト済みかつ、連用テスト済みでもあります。
かなり安心して使用できる商品と言えます。

-アレルギーなど使えない人はいないのか
安心して使える商品であることがわかりましたが、誰でも使用できるのか、については、そうではありません。
アレルギーをお持ちの方は、全成分を確認して、ご自身の体質と照らし合わせてから使用するようにしてください。
もし、配合成分に不明な点がある場合は、販売元に問い合わせるといいでしょう。

体質がわからないけれども不安がある、という方もおられるかもしれません。
特に、これまでにスキンケアアイテムでかぶれなどの肌トラブルが起きた方は、一度、皮膚科でアレルギーテストを受けられるといいかもしれません。
費用などはクリニックによって異なるかと思いますので、事前に問い合わせてくださいね。

また、問題がないと思っていても、もしかすると、お肌に合わない可能性もあります。
もし、トリニティーラインジェルクリームを使用して、トラブルや違和感が生じた場合は、直ちに中止してください。
そして、改善されない場合は、皮膚科などで相談してくださいね。

無理して使用を続けると、さらに症状が悪化する場合もありますので、ご注意ください。

その他、皮膚疾患をお持ちの方で、現在、病院で処方された治療薬を塗布しておられる場合は、担当医に相談してください。
自己判断は危険ですので、絶対におやめください。

-まとめ
やさしい成分でお肌を思って作られているので、基本的には安心して使用できるのですね。
しかし、アレルギーをお持ちの方や処方薬をお肌へ使用中の方は使えない場合があります。
全成分から判断なさったり、医師へ相談してくださいね。

⇒トリニティーラインの公式サイトはこちら